現在は無所属となっている元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)だが、イタリアへ戻ってくることになるかもしれない。『フットボール・イタリア』が報じた。

マンジュキッチは、2019年12月にユベントスからアル・ドゥハイルへ移籍。ユベントスでは今シーズンから就任したマウリツィオ・サッリ監督の構想外となっていたところを、心機一転として挑戦的な移籍を決断した。


しかし、新型コロナウイルスの影響でカタールでも3月初旬にリーグ戦が中断。アル・ドゥハイルでは5試合の出場に終わり、今月5日に契約を解除していた。

イタリアのテレビ局『Sportitalia』は、フィオレンティーナがマンジュキッチの獲得に動いていると報道。年俸約300万ユーロ(約3億7000万円)の2年契約を提示したとのこと。さらに、3年目の延長オプションも含まれているようだ。

マンジュキッチは、これまでセリエAで118試合に出場し31ゴール14アシストを記録。今シーズンはバイエルンを退団した元フランス代表FWフランク・リベリを獲得するなど、実力あるベテランの獲得でチーム力を上げているフィオレンティーナだが、マンジュキッチは加入するだろうか。