【明治安田生命J1リーグ第5節】
2020年7月18日(土)
19:00キックオフ
サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪
[エディオンスタジアム広島]

◆苦しんだ3連戦、打開策は?【広島】

再開初戦でヴィッセル神戸相手に0-3の勝利を収め、良いスタートを切ったように見えた広島。しかし、続く大分トリニータ戦は終盤の連続失点で1-2と逆転負け。前節はサガン鳥栖にゴールレスドローと、難しい3連戦となった。

今節はその3連戦の初戦。1週間開いたこともあり、リフレッシュできた面もあるだろう。しかし、先を見据えた戦いをしなければならないのも事実。攻撃面の整備を行う必要がありそうだ。

ここまでレアンドロ・ペレイラが4ゴールと気を吐いているが、その周りの選手が付いてこない。特に、ケガで離脱したMF柏好文の穴は大きく、この2試合は柏不在が響いた印象もあった。

過密日程の中、残りシーズンは長い状況。若手の有望株も多いだけに、チーム力が問われる一戦となりそうだ。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:大迫敬介
DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔
MF:ハイネル、川辺駿、青山敏弘、清水航平
MF:ドウグラス・ヴィエイラ、森島司
FW:レアンドロ・ペレイラ
監督:城福浩

◆後手に回るのは禁物、先手を奪えるか【セレッソ大阪】

開幕4連勝を目指したC大阪だったが、前節は名古屋グランパスを相手に2-0で完敗。オウンゴールながら、先手を奪われたことが最後まで尾を引いた。

ロティーナ監督は、ベンチに座った実力者を次々と投入するも、流れを変えることは難しく、攻撃面での物足りなさが目立ち初黒星となった。

攻撃陣の顔ぶれは組み合わせを変えて色々試しているものの、最適解を見つけている印象はない。むしろ、ターンオーバーを視野に入れ、どの組み合わせでも機能することがベストアンサーとなるだろう。

MF奥埜博亮を軸に、誰をどこに配置するのか。ロティーナ監督が導き出したメンバーで、バウンスバックを目指す。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介
MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣
FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮
監督:ロティーナ