【明治安田生命J1リーグ第5節】
2020年7月18日(土)
19:00キックオフ
FC東京 vs 浦和レッズ
[味の素スタジアム]

◆吉と出たシステム変更で連勝に挑む【FC東京】

前々節は川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”で0-4と大敗。相手をリスペクトし過ぎた形となり、為す術もなかったが、前節は昨季王者の横浜F・マリノス相手に1-3で快勝を収めた。

横浜FM戦では今季取り組んでいる[4-3-3]を捨て、[4-4-2]と昨季までのスタイルに戻したことが功を奏した。中盤でのボール奪取、そしてカウンター攻撃と、昨シーズンの良い時期のサッカーを披露。とりわけ、肩の負傷で離脱していたFW永井謙佑の復帰も大きく手伝った。

急遽、途中投入したMFレアンドロの活躍もあったが、終始試合を支配した姿は優勝を争った昨季そのもの。浦和戦ではどちらのシステムを採用するか分からないが、[4-4-2]でぶつかり合う可能性は少なくない。

また、この試合を最後にチームを退団し、ロシアのFCロストフへ渡るMF橋本拳人のラストマッチ。しっかりと勝って、橋本もチームも新たな一歩を踏み出したいところだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:林彰洋
DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、中村帆高
MF:東慶悟、橋本拳人、高萩洋次郎、レアンドロ
FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑
監督:長谷川健太

◆勝ち点で首位と並びさらなる上へ【浦和レッズ】

対する浦和は、前節は鹿島アントラーズと対戦。絶不調の鹿島相手に難しい試合となったが、セットプレーの流れからエヴェルトンのゴールで1-0としぶとく勝利した。

特に目立ったのが左サイドバックの山中亮輔。高い精度のキックを武器に、エヴェルトンのゴールを生んだFKもキッカーを務めた。果敢に上がり良質なクロスを上げたかと思えば、しっかりとコンビネーションで崩すシーンも。[4-4-2]のシステムを最大限に生かしたプレーは、今節もカギとなりそうだ。

対峙するのはこちらも鍵を握る日本代表DF室屋成。サイドバックのマッチアップは、試合の争点となりそうだ。

ハードワークを徹底し、攻守の切り替え、プレスの強度とバランスの良い浦和。無敗を継続し、単独首位を目指し勝ち点3を奪いに行く。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、トーマス・デン、岩波拓也、山中亮輔
MF:長澤和輝、エヴェルトン、柴戸海、汰木康也
FW:興梠慎三、レオナルド
監督:大槻毅