【明治安田生命J1リーグ第6節】
2020年7月22日(水)
19:30キックオフ
浦和レッズ vs 柏レイソル
[埼玉スタジアム2002]

◆初黒星からのバウンスバックなるか【浦和レッズ】

開幕4試合で無敗を守っていた浦和。しかし、前節のFC東京戦はアウェイゲームとなったが2-0で完敗となり、シーズン初黒星を喫した。

FC東京戦では、課題も散見。試合運びという点では相手に上回られ、良い流れをチームに引き寄せることができていなかった。その要因の1つとしては、攻撃陣の迫力不足が挙げられる。

今シーズンの浦和はここまで6得点。再開後は4試合で3得点と、少し元気がない。守備陣は安定したパフォーマンスを見せているが、攻撃陣の精度が上がっていない印象。とりわけ、カウンターアタックの迫力不足が気になるところだ。

攻撃でペースを握れなければ、悪いリズムは伝播し、守備にも影響を及ぼす。パワーと推進力のあるMFアダイウトン、FWディエゴ・オリヴェイラを相手に苦戦。今節の柏で言えば、FWオルンガを相手にどう対応するか。FC東京戦の反省点を生かしたいところだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、鈴木大輔、槙野智章、山中亮輔
MF:長澤和輝、エヴェルトン、柴戸海、ファブリシオ
FW:杉本健勇、レオナルド
監督:大槻毅

◆指揮官に最高のプレゼントを【柏レイソル】

前節は湘南ベルマーレを相手に3ゴール奪って勝利。再開後の初白星を飾った。エースのFWオルンガ、今季加入のMF仲間隼斗にゴールが生まれ、チームとして1つ壁を乗り越えた印象がある。

連戦となる中で、1つ結果が出れば勢い乗るもの。浦和という難しい相手ではあるが、ここで勝てれば一気に波に乗ることも可能だ。

中盤での激しい攻防が予想されるが、チームとしての完成度という点では上回ることもできるはず。あとは、鋭いカウンターとコンビネーションで浦和ゴールを脅かしたい。

また、オルンガが開幕戦以来のゴールを決めたことで爆発の予感もある。試合をコントロールするMF江坂任、FW神谷優太がどのようなバリエーションを見せるのかにも注目だ。

★予想スタメン[4-1-4-1]
GK:中村航輔
DF:高橋峻希、高橋祐治、大南拓磨、古賀太陽
MF:三原雅俊
MF:神谷優太、ヒシャルジソン、江坂任、瀬川祐輔
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ