元スペイン代表MFのチャビ・エルナンデス氏が英雄・ヨハン・クライフ氏を敬っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

現役時代、その秀でたテクニックからフライング・ダッチマンとの愛称を用いられ、観客を魅了した元オランダ代表FWのクライフ氏。母国クラブのアヤックスやバルセロナで活躍し、3度のバロンドール受賞を誇った。

さらに、引退後は指導者キャリアを歩むと、バルセロナでラ・リーガ4連覇やヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ(現チャンピオンズリーグ)の初制覇に貢献。当時の時代の流れに逆境して攻撃的サッカーを志向し、成功を収めて新たなスタイルの道標を示した。

そのクライフ氏が基盤を構築した後にティキ・タカと呼ばれるポゼッションサッカーをバルセロナとスペイン代表で存分に体現したチャビ氏。スポーツ活動支援などを行うヨハン・クライフ財団のビデオで、オランダ人の到来がスペインサッカーを変えたと説明している。

「クライフの名前とリンクされるのは光栄なことだね。ヨハンはサッカー史において、最も影響力のある人物だった。彼はバルセロナとスペイン代表の過去20〜25年の成功のすべての重要人物だった」

「彼はバルセロナに来て、プレースタイルに関する哲学を変えた。非常に規律あるゲームシステムを導入した。それは今日も実践されているスタイルだ」

また、「スペイン代表とバルセロナもクライフの哲学から恩恵を受けている」と続けたチャビ氏は、クライフ氏が指導者としても模範的な存在だと語った。

「私はクライフがバルセロナで行ったことをとても誇りに思っている。彼は私にとってアイドルだった。サッカーの能力だけでなく、人間としてもね」

「ヨハンはすべての子供たちや社会の手本となる存在だったんだ。それに、他国の環境にすぐさま適応した彼の姿はすべてのサッカー選手や人間の模範となった」

「ヨハンがこのサッカーシステムを導入したことをとても誇りに思っているよ。私のような多くの選手がこのシステムの恩恵を受けることができたからね」