フローニンヘンが24日、日本代表DF板倉滉(23)のレンタル延長を発表した。クラブの発表によると、新たなレンタル期間は来季いっぱいの1年間。その来季は背番号も今季の「17」から新たに「5」を背負うという。

2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティ入りした板倉は直後に1年半レンタルでフローニンヘン入り。フローニンヘン在籍2年目の今季は新型コロナウイルスの影響でシーズン打ち切りになるまで公式戦23試合に出場したが、契約切れとなり、今後の動向に注目が集まっている状況だった。

そのなかで、買い取りの動きも挙がったフローニンヘンだが、新型コロナウイルスの影響で財政的に厳しく、テクニカルディレクター(TD)のマルク=ジャン・フレッデルス氏がレンタル延長に向けたクラブ間交渉を明かすとともに、合意間近の状況も口にしていた。

なお、フローニンヘンは先日、2018-19シーズン限りで現役を退いた元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが電撃復帰。来季のフローニンヘンは板倉とロッベンの共演にも注目が集まるシーズンになりそうだ。