ブラジル代表MFウィリアン(31)がこの先もチェルシーでプレーするかもしれない。

2013年からチェルシーに所属して、今季いっぱいで契約が満了するウィリアン。今季も公式戦47試合11得点9アシストの数字を収める傍らで、チェルシーとの延長交渉が長らく続けられているが、契約年数の溝が生まらず、難航を極めている。

その裏でバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルだけでなく、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミの関心が取り沙汰され、チェルシーでの将来が不透明な状況だった。

しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ウィリアンとチェルシーはフランク・ランパード監督からも残留が望まれるなかで延長交渉の解決に向け、ついに突破口を見いだした模様。今週中にも契約延長で合意に至る可能性もあるという。

若返りが進むチームのなかで、経験に裏打ちされたプレーを披露するウィリアン。モロッコ代表MFハキム・ジイェフやドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに続いて、レバークーゼンに所属する同代表MFカイ・ハフェルツの獲得も囁かれるチェルシーだが、果たして。