ブライトン&ホーヴ・アルビオンは29日、アヤックスからオランダ代表DFヨエル・フェルトマン(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの3年間となる。

幼少期からアヤックスのアカデミーに在籍していたフェルトマンは、2012年にトップチームに昇格。2013-14シーズンからレギュラーに定着した同選手は、右サイドバックとセンターバックを主戦場に主力として活躍。トップチームでは在籍9シーズンで公式戦246試合に出場し10ゴール15アシストをマーク。3度のエールディビジ制覇や1度のKNVBカップ優勝、2度のスーパーカップ制覇に貢献してきた。

また、2013年にデビューを飾ったオランダ代表では、ここまで21試合に出場しており、2014年ブラジル・ワールドカップでは3位入賞を果たした。

ブライトンへの移籍を決めたフェルトマンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「僕はかつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたアヤックスの最高経営責任者エドウィン・ファン・デル・サールからプレミアリーグの試合のテンポなどについての話を聞いていたんだ。それはチャンピオンズリーグ(CL)に似ていると思ったね。これまでCLは1シーズンで4試合程度だったけど、プレミアリーグは毎週行われる。とても楽しみだよ」

「新シーズンが待ちきれないよ。テレビでブライトンの試合を沢山見てきて、アメックススタジアムは最高雰囲気だと思ったよ。あと、トレーニング施設も素晴らしいね。オランダのリーグは4月で終了したから、ここ数週間はトレーニングが出来なくてイライラしてたんだ。ブライトンの選手になって新しいチャレンジとプレミアリーグの挑戦を楽しみにしているよ」