トッテナムのアイルランド代表FWトロイ・パロット(18)は、チャンピオンシップのミルウォールへレンタル移籍することになるようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。

パロットはトッテナムの下部組織で育ち、今季のカラバオカップ3回戦のコルチェスター・ユナイテッド戦でプロデビュー。昨年にはアイルランド代表デビューもしている逸材だ。

今季はFWハリー・ケインとFWソン・フンミンがケガで長期離脱した際、サポーターからパロットの出場を求める声が上がっていたものの、MFデレ・アリやFWルーカス・モウラの分厚い選手層を崩せず、公式戦4試合のみの出場にとどまっていた。

そういった中、来季は1年間のレンタル移籍でミルウォールに加入することが濃厚となっているようだ。シーズン終了後にアイルランドへ帰国した際、首都ダブリンにてメディカルチェックを行うという。

なお、ミルウォールは2012年にケインが武者修行を積んだクラブ。今年2月に2023年まで契約を延長したパロットも先輩の影を追うことが出来るだろうか。