RBライプツィヒは31日、U-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月までとなる。

ウパメカノは2017年1月にザルツブルクからライプツィヒへと完全移籍。ライプツィヒではすぐにレギュラーとなり、これまで公式戦通算111試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。

今シーズンのブンデスリーガでも28試合に出場し2アシストを記録。チャンピオンズリーグでも6試合に出場していた。

高い身体能力と守備センスを武器に、ヨーロッパ屈指の若手センターバックとして評価を高めるウパメカノには、予てから多くのクラブが興味を示していたが、新型コロナウイルスによるクラブの財務状況悪化から、6000万ユーロ(約72億8000万円)に設定されている契約解除金を支払うクラブはないともみられていた。

なお、当初の予定より2年早く契約を延長したとのことだ。

ウパメカノは「RBライプツィヒでとても快適にプレーしている。オリバー・ミンツラフ(最高経営責任者)、マルクス・クレシェ(スポーツ・ディレクター)、ユリアン・ナーゲルスマン(監督)ととても良い議論を行った。彼らは、僕の契約を延長することが正しい決断であると、僕に示してくれたんだ」とコメント。クラブ幹部との会談で早期の契約延長を決めたと語った。

また「僕はライプツィヒに3年以上在籍しており、チームとともに常に改善し、成長することができた。僕はこの成長を続けたいと思っている。そして、ユリアン・ナーゲルスマンは僕を次のレベルに連れて行くことができる監督だ」と語り、クラブとナーゲルスマン監督への信頼を語った。