【明治安田生命J1リーグ第8節】
2020年8月1日(土)
18:00キックオフ
名古屋グランパス vs 柏レイソル
[豊田スタジアム]

◆イレギュラーな日々を過ごし、無敗継続なるか【名古屋グランパス】

首位・川崎フロンターレとともにシーズン無敗で3位につける名古屋。今節はその川崎Fと2位のガンバ大阪が直接対決となるだけに、この一戦での勝利は大きな価値をもたらすことになる。

前節はサンフレッチェ広島とのアウェイゲームだったが、選手に新型コロナウイルスの感染者が出たこと、そして濃厚接触者の特定が間に合わなかったことで当日の中止という異例の事態となった。

試合は前々節の大分トリニータ戦以来10日ぶりとなるが、この間トレーニングが制限されるなど、難しい時間を過ごした。準備が万全とは言えないだろう。

それでも、攻守にわたって安定感を見せるチーム、特に古巣対決となるDF中谷進之介を中心となる守備面がこの試合のカギだ。破壊力抜群の相手攻撃陣を封じることができれば、4連勝も現実味を帯びてくる。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊
MF:稲垣祥、米本拓司
MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス
FW:金崎夢生
監督:マッシモ・フィッカデンティ

◆3連敗後の3連勝、重要な一戦に【柏レイソル】

リーグ再開後3連敗を喫し、一気に先行きが不安になった柏だが、その後は3連勝と調子を上げてきた。

中断期間中は新型コロナウイルスの感染防止のために対外試合を行わず、試合勘、試合体力が削がれていたことが、中断明けの3連敗に影響したとも言える。

また、仲間隼斗、神谷優太と新戦力の2人を先発させてから攻撃陣が活性化。エースであるFWオルンガも得点感覚を取り戻し、3連勝中で6ゴールと爆発。簡単には止められなさそうだ。

前節から1週間空いたことで、選手の回復も測れたはず。前節負傷交代した神谷の状態は気になるが、勢いそのままに、堅守の名古屋をどう攻略するか。自慢の攻撃陣の力を見せて欲しいところだ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:中村航輔
DF:古賀太陽、高橋祐治、大南拓磨、三丸拡
MF:三原雅俊、大谷秀和
MF:神谷優太、江坂任、仲間隼斗
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ