FC町田ゼルビアは2日、FW晴山岬が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応となったことを発表した。

晴山は月1日(土)、千葉県内で行われたU-19日本代表候補のトレーニングキャンプに合流した際、集合時に参加者全員に対して行われたSmartAmp法およびPCR検査の結果、陽性反応が認められていた。なお現在は、37.2度の発熱があり、病院で療養しているとのことだ。

これによりU-19日本代表候補トレーニングキャンプは中止となっていた。

また、31日(金)に全選手・スタッフに対して行ったJリーグ公式のPCR検査の結果が本日2日(日)に判明し、晴山選手を除いて全員陰性であることが確認され他とのことだ。

◆晴山岬選手の1週間の体調経過
7月26日(日)
J2第7節栃木SC戦(ホーム)試合メンバー外のチームトレーニング参加(体温36.1度)

7月27日(月)
チームトレーニング参加(体温35.9度)

7月28日(火)
チームトレーニング参加(体温36.2度)

7月29日(水)
J2第8節松本山雅FC戦(アウェイ)試合メンバー外のチームトレーニング参加(体温35.9度)

7月30日(木)
チームトレーニング参加(体温36.2度)

7月31日(金)
チームトレーニング参加(体温36.1度)

8月1日(土)
千葉県内でのU-19日本代表トレーニングキャンプ合流(体温36.2度)
※自覚症状はないが、集合時のPCR検査にて陽性判定

8月2日(日
37.2度の発熱、病院にて療養中