トラブゾンスポルは2日、暫定指揮官を務めていたエディ・ニュートン監督(48)の正指揮官就任を発表した。契約期間は明かされていない。

かつてロベルト・ディ・マッテオ氏やフース・ヒディンク氏の右腕としてチェルシーでアシスタントコーチを歴任したニュートン氏は、2020年1月にトラブゾンスポルのアシスタントコーチに就任。

先月20日、成績不振を理由にヒュセイン・チムシル前監督(41)を解任したトラブゾンスポルは、アシスタントコーチを務めていたニュートン監督を暫定指揮官に指名。

すると、同監督はリーグ最終節でチームを3試合ぶりの勝利に導くと、7月29日に行われたトルコカップ決勝でも2-0でアンタルヤスポルを下し、クラブに10年ぶりのタイトルをもたらしていた。