ミランの新監督就任が囁かれながらも実現しなかったラルフ・ラングニック氏が、改めて言及した。

ミランは、ステファノ・ピオリ監督に代えて、新シーズンはラングニック氏を新監督に迎えようと動いていた。

その動きは本格的であり、誰もが就任が濃厚と思っていた中、ミランはピオリ監督との契約延長を発表。これにより、ラングニック氏の監督就任は無くなった。

その後、ラングニック氏はレッドブル・グループとの契約を解除し、現場に戻る意向を示している。

ラングニック氏はドイツ『Suddeutsche Zeitung』でミランについてコメント。このような状況下でチームに加わることは賢明ではなかったと見解を語った。

「リーグ戦の再開以来、ミランは9勝3分けで非常に好調だった。そこに行くのは賢明ではなかっただろう」

「私のものであろうと、クラブのものであろうと、どの視点から見ても賢明ではなかった」

「監督であれ、スポーツディレクターである、選手であれ、ファンであれ、ミランのファンの立場に立ってみれば、このように前向きな状況の後、ミランが全てを変えたいと思った理由がよく分からないだろう」

ラングニック氏の指摘通り、ミランは新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で中断した後、セリエA12試合を戦い9勝3分けと絶好調。勝ち点を積み上げ、6位でシーズンを終え、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得していた。