【明治安田生命J1リーグ第9節】
2020年8月8日(土)
19:00キックオフ
横浜F・マリノス vs 柏レイソル
[日産スタジアム]

◆浮上のキッカケを掴みたい王者【横浜F・マリノス】

前節はベガルタ仙台相手に土壇場のゴールで辛勝した横浜FM。今シーズンはケガ人が相次いだこともあり、チームとして前進することができていなかったが、この勝利は大きな意味をもたらせたと言える。

まず、右手骨折から守護神GK朴一圭が復帰しクリーンシート。さらに右サイドバックが本職の松原健がセンターバックで守備に奮闘。加えて同じく負傷から復帰したマルコス・ジュニオールが貴重な決勝点を後半アディショナルタイムに叩き込んだ。

波に乗り切れないシーズンを過ごしていた横浜FMだが、CBのチアゴ・マルチンス、FWエリキも今節から復帰予定。FW仲川輝人が最大6週間の離脱となったことは痛手だが、このままチームを加速させていきたい。

さらにポルトガルのマリティモでプレーしていたFW前田大然を松本山雅FCから期限付き移籍で獲得。早速選手登録され、今節から起用も可能だ。5枚の交代枠を考えれば、ベンチに入る可能性も高いだろう。まずは今季初の連勝を挙げられるか。強敵・オルンガを封じ込める守備と、最大の防御となる攻撃陣の躍動に注目だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:朴一圭
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
FW:水沼宏太、エジガル・ジュニオ、エリキ
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆オルンガに率いられ5連勝なるか【柏レイソル】

前節はアウェイで難しい試合となりながら、上位の名古屋グランパスを相手に0-1で勝利。4位浮上に成功していた。

中断明け3連敗と昇格1年目の難しさにぶち当たったかに思えた柏だったが、気がつけば4連勝。その立役者は、間違いなくFWオルンガだ。

この4連勝中は全ての試合でゴールを記録し、4試合で7ゴール。破壊力を見せつけているが、オルンガに気を取られては柏の勢いは止められない。

警戒すべきはMF仲間隼斗とMF江坂任のオルンガを支える2人。仲間は4連勝が始まった第5節の湘南ベルマーレ戦で加入後初先発。そこから3戦連発とチームを牽引し、4試合連続でスタメン起用されている。

そして、その仲間とオルンガを操るのが江坂。これまで全試合に先発しゴールは開幕戦の2つに終わっているが、チームの攻撃をコントロールする能力はピカイチ。攻撃の起点として江坂を抑えられるかが、横浜FMの明暗を分けるだろう。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:中村航輔
DF:古賀太陽、山下達也、大南拓磨、三丸拡
MF:ヒシャルジソン、大谷秀和
MF:瀬川祐輔、江坂任、仲間隼斗
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ