ボルドーは10日、パウロ・ソウザ監督(49)の辞任およびジャン=ルイ・ガセ新監督(66)の就任を発表した。なお、ガセ新監督の契約期間は2022年6月30日までの2年間となる。

2019年の3月に成績不振から解任されたリカルド・ゴメス前監督の後任としてボルドーの指揮官に就任したパウロ・ソウザ監督。しかし、リーグ・アン10試合で2勝2分け6敗と低迷してたチームを復調させるには至らず、なんとか14位で残留に導いていた。

今シーズンは開幕10試合で4勝3分け3敗と好スタートを切ったが、最終的には28試合で9勝10分け9敗の12位でシーズンを終了していた。

なお、2022年6月まで契約を残していたパウロ・ソウザ監督だが、一部メディアはクラブ側との方向性の違いが袂を分かつ原因となったと伝えている。

今回新監督に就任したガセ氏は、これまでモンペリエやカーンで監督を歴任。2017年12月に就任したサンテチェンヌでは、2018-19シーズンにチームをヨーロッパリーグ出場圏内のリーグ・アン4位に導いた経験を持っている。