元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)のラツィオ移籍が非常に近い模様だ。

D・シルバは在籍10年のマンチェスター・シティを契約切れの今季限りで退団。2010年のシティ入りから公式戦400試合以上の出場数を誇り、4度のプレミアリーグ制覇など数々に寄与した名手だけあって、その行く末に注目が集まっている。

これまで母国スペインだけでなく、アメリカや日本、中東が新天地に挙がったが、最近になり、ラツィオ行きの憶測が浮上。D・シルバの父親も先日、ラツィオ移籍に拍車をかける発言を発しており、セリエA挑戦の熱をより帯びつつある。

そうしたなか、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がスペイン人名手のラツィオ入り間近を主張した。ラツィオとの契約はすでに実質的な完了に至っており、本人のサインを待っている状況。まもなくラツィオ移籍が実現する様相だという。

D・シルバはラツィオ加入に際して、細かな条件の諸々にも合意。3年契約を結び、年俸250万〜300万ユーロ(約3億1000万〜3億7000万円)+ボーナスの総額最大400万ユーロ(約4億9000万円)におよぶサラリーでのラツィオ入りになる見通しだ。