ケルンは13日、ブンデスリーガ2部のハノーファーから元ドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラー(31)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年6月末までとなる。

過去にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織やレスター・シティに在籍経験のあるツィーラーは、昨季にシュツットガルトからハノーファーに完全移籍。今季はリーグ戦31試合に出場し守護神として君臨。各世代のドイツ代表を経験し、A代表でも6キャップを記録していた。

自身の出生地でもあり、アカデミー以来のケルン復帰となるツィーラーは、クラブ公式サイトに古巣帰還の喜びを語っている。

「ケルンに戻れて嬉しいよ。オファーが来てから決断まで長くはかからなかった。マネージング・ディレクターのホルスト・ヘルトやGKコーチのアンドレアス・メンゲルとは良い話し合いができたよ。また故郷の街でプレーできることを本当に楽しみにしているよ」