サラゴサは20日、ルベン・バラハ氏(45)が新監督に就任したことを発表した。

サラゴサは今季の昇格プレーオフ敗退を受けて18日にビクトル・フェルナンデス監督が退任。2018年12月に3度目の就任となったものの、およそ1年半で袂を分かった。

そして、後任に指名されたのは現役時代はバレンシアで活躍したルベン・バラハ監督。2010年の引退後、これまでにエルチェやラージョ・バジェカーノ、スポルティング・ヒホンの指揮官を歴任し、2019年12月にテネリフェの監督に就任したが、12位で終えたシーズン終了直後の先月20日に退任していた。

サラゴサに所属している日本代表MF香川真司は、元スペイン代表MFのもとで新シーズンを迎えることになった。