サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、元ブラジル代表FWのロナウド氏がバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。


現役時代に“フェノメノ(怪物)”と称された、史上最も偉大なストライカーの1人であるロナウド氏。クルゼイロ、PSVを経て、1996年夏に加入したバルセロナの1年目には、当時のボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウド」と発言するほどのプレーを見せ、公式戦49試合47ゴール7アシストと圧倒的な数字を叩きだした。

1996年10月26日に行われたラ・リーガ第10節のバレンシア戦では移籍後初のハットトリックを達成している。

ロナウドの活躍もあり、ここまで無敗を継続していたバルセロナだが、この試合でもロナウドがその実力を発揮する。

まずは15分、ロナウドが敵陣中央でドリブルを開始すると、相手DFの間を爆発的な加速で突破し、一気にボックス内へと侵入。冷静に相手GKとの1対1を制し、先制に成功する。

続く35分には、カウンターの場面で味方のロングパスに抜け出し、そのまま独走。ボックス左から、今度は左足でネットを揺らす。

極め付きは74分。バルセロナは2-2の同点に追いつかれるものの、ロナウドが独力でゴールを奪う。バルセロナはセンターサークル付近でボールを奪うと、ロナウドが侵攻開始。DF4人に向かって単独での突破を試みる。

スピードを保ったまま、細かいタッチで持ち上がり、最後は1点目と同じようにDFの間を強引に突破し、右足でゴールへと流し込んだ。

スピードだけでバレンシア守備陣を完全に崩壊させてしまったロナウド。2000年に4月に負った右ヒザ靭帯部分断裂の大怪我以降も見事な活躍ではあったが、それまでのロナウドはまさに“フェノメノ”と呼ぶにふさわしいフットボーラーだった。