ブラジル代表FWネイマールの元代理人が来季以降の選手に関して、パリ・サンジェルマン(PSG)で引き続きプレーする見通しを主張した。

2017年にバルセロナからPSGに移り、エースとして活躍を続ける傍らで、移籍の憶測も絶えないネイマール。なかでも、レアル・マドリーの関心が長らく指摘され、古巣バルセロナとの交渉も明らかになっている。

しかし、元代理人のワグネル・リベイロ氏は『Veja』で、ネイマールに取り沙汰される近いうちの移籍を否定した。

「彼にはケガのせいで悲しい時期があった。その当時の彼はバルセロナに戻ったり、レアル・マドリーに行ったりすることにもオープンだったが、今は違う。楽しそうな彼を拝むことができる。ここには人が欲する全てが揃っている。今日の彼にPSGを去る理由が何かあると思うかい?」

また、バルセロナで去就に揺れるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの名前が挙げ、向こう2年間はPSGでプレーするとの見解を示した。

「ネイマールはPSGで幸せを感じている。少なくともあと2年はPSGに残ると思う。今日において、ネイマールがバルセロナに戻るよりもリオネル・メッシがやってくる方が簡単だ。メッシとクリスティアーノ・ロナウド…真剣な話だ、カタールの経済力は侮ってはならない」