バルセロナは21日、ヘンリク・ラーション氏(48)とアルフレッド・スロイデル氏(47)がロナルド・クーマン新監督率いるトップチームのコーチングスタッフに入閣することを発表した。契約期間は2022年6月30日までの2年となる。

現役時代にフェイエノールトやセルティック、マンチェスター・ユナイテッドでスウェーデン代表FWとして華々しい活躍を見せたラーション氏は、2004年から2006年までバルセロナに在籍。フランク・ライカールト体制においてラ・リーガ連覇、2005-06シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献。

現役引退後は母国のファルケンベリ、ヘルシンボリの監督を務めていた。なお、クーマン監督とは現役時代に1995年から1997年までフェイエノールトでチームメイトだった。

一方、スロイデル氏は現役時代、フェイエノールトやトゥベンテ、フィテッセなどオランダ国内のクラブで活躍。現役引退後は古巣フィテッセでアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタート。近年ではホッフェンハイムでユリアン・ナーゲルスマン監督(現RBライプツィヒ)、アヤックスでエリック・テン・ハグ監督のアシスタントコーチを歴任。

2019-20シーズンはナーゲルスマン監督の後任としてホッフェンハイムの監督を務め、6月初旬にクラブとの方向性の違いから解任されるまで、チームはヨーロッパリーグ出場権を狙える7位に位置した。

なお、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングはアヤックス時代の教え子でもある。