ラツィオがバルセロナの元ブラジル代表MFラフィーニャ(27)の獲得に動いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

新シーズン、チャンピオンズリーグに出場するラツィオは、マンチェスター・シティを退団していた元スペイン代表MFダビド・シルバの獲得に迫っていたが、レアル・ソシエダに急襲され、獲得を逃していた。

そこでシルバと同じ左利きのプレーメーカーであり、2018年1月から6カ月間インテルにレンタル移籍しセリエAの経験を持つラフィーニャに照準を絞ったようだ。

2021年6月までバルセロナとの契約を残すラフィーニャの移籍金は1200万ユーロ(約15億円)と報じられているが、ラツィオは今度こそお目当ての選手を獲得することはできるだろうか。