横浜F・マリノスは22日、監督、コーチ、選手、スタッフの計68人のPCR検査結果を発表した。

21日、トップチームスタッフに新型コロナウイルスの陽性反応者が出たことを発表。これを受け、21日に68人がPCR検査を受けた。

横浜FMの発表によると、67人が陰性の判定を受けたとのこと。1人に関しては、検査過程において判定不能となったようだ。なお、この1人に関しては、23日に再検査を実施し、その日のうちに検査結果が出るという。

横浜FMは、判定不能者について念のため隔離をしたうえで行動履歴をJリーグとともに検討をし、「Jリーグ独自の濃厚接触疑い基準」に該当する者がクラブ内にいないことを確認し他とのことだ。

23日には明治安田生命J1リーグ第12節のサンフレッチェ広島戦が予定されていたが、陽性判定者、濃厚接触者がいないことから予定通り実施するとのことだ。