ユベントスは23日、イゴール・トゥドール氏(42)のアシスタントコーチ就任と、テクニカル・コラボレーターという役職で元イタリア代表MFのロベルト・バローニオ氏(42)を任命したことを発表した。

トゥドール氏は現役時代にユベントスで7年半プレー。公式戦174試合に出場し21ゴール4アシストを記録。2度のセリエA優勝を経験していた。

現役引退後はハイドゥク・スプリトやPAOKサロニカ、ガラタサライ、ウディネーゼで指揮を執っており、監督未経験のアンドレア・ピルロ監督を支えることが期待される。

コーチ陣に入閣したバローニオ氏は現役時代、ラツィオなどでレジスタとして活躍。イタリア代表としては1試合に出場していた。現役引退後はアンダー世代のイタリア代表の監督を務めた経歴を持ち、直近ではナポリのプリマヴェーラを指導していた。