サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがナポリ時代に決めたハットトリックだ。


2010年7月、パレルモからナポリへと移籍したカバーニ。2013年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍するまでの3シーズンで公式戦138試合で104ゴール14アシストを記録していた。

2011年1月9日に行われたセリエA第19節のユベントス戦では、ハットトリックも決めている。スタディオ・サン・パオロに7位のユベントスを迎えた一戦でカバーニは躍動する。

まずは20分、右サイドのMFクリスティアン・マッジョのクロスをカバーニが頭で流し込み、幸先よく先制に成功すると、26分には左サイドのMFアンドレア・ドッセーナからのクロスを再びカバーニが頭で押し込んだ。

さらにエンドが変わった54分には、ボックス右からのMFマレク・ハムシクのクロスをカバーニがダイビングヘッド。強烈なシュートがゴールに突き刺さった。

3ゴール全てを頭で決めたカバーニ。現在はPSGを退団してフリーとなっており、その新天地に注目が集まっている。