サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。

今回はマンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(26)だ。


2016年夏にエバートンから当時のDF史上最高額となる5000万ポンド(約70億円)の移籍金で当時ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任したばかりのマンチェスター・シティへと加入したストーンズ。

エバートン時代から足元の技術とビルドアップ能力に定評があったストーンズは、守備の再建を目指したグアルディオラ監督にとって理想のピースになると思われた。

2016-17シーズンはセンターバックとして主にニコラス・オタメンディやアレクサンダル・コラロフらとコンビを組み、持ち前の技術で後方からのビルドアップには貢献したが、対人での不安や集中力の欠如など、守備面での課題も浮き彫りとなり、チームもプレミアリーグ3位に終わった。

それでも、翌年の2017-18シーズンの前半戦は見事なパフォーマンスを見せ、信頼を勝ち取ったかに思えたが、シーズン後半戦をケガで棒に振ると、1月にアスレティック・ビルバオから加入したアイメリク・ラポルテのとのポジション争いに敗れ、定位置を失うこととなった。

シティ加入から4年が経つストーンズだが、加入当初からの守備面での課題を克服できず、2019-20シーズンは、ヴァンサン・コンパニの退団やラポルテの長期離脱があったものの、ストーンズの故障もあり、本来は中盤を主戦場とするフェルナンジーニョや19歳のエリック・ガルシアがCBで起用される機会も多かった。

さらに、シティは今夏ボーンマスのオランダ代表DFナタン・アケ(25)を獲得。守備陣の改革に着手している。ストーンズには以前までシティでアシスタントコーチを務めていたアーセナルのミケル・アルテタ監督が引き抜きを狙っているとの噂もあるが、残留する場合には、一皮むける必要があるだろう。