サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はスペイン代表MFイスコがレアル・マドリーで決めたゴールだ。



2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でマラガをベスト8へと導く活躍を見せたイスコは、2013年夏にマドリーへ移籍。低い重心からの変幻自在のドリブルやセンス溢れるパスでファンを魅了している。

そんなイスコは、2018年12月6日に行われたコパ・デル・レイ4回戦、メリリャとの2ndレグでは、美しいゴールを決めている。

この試合、マドリーの選手として初めてキャプテンマークを巻いたイスコは、3-0とマドリーリードで迎えた47分、ボックスの外でボールを受けると、ゴール正面の位置からすかさずミドルシュートを放つ。

右足から放たれたシュートは、美しい弧を描きながらGKの届かないゴール左上に見事に決まり、美しすぎるゴールを決めてみせた。

この後のさらに攻勢に出たマドリーは、6-1と大勝。2戦合計10-1としてベスト16に駒を進めている。