バルセロナは28日、日本代表FW安部裕葵の新型コロナウイルス感染を報告した。

クラブによると、不快感を訴えたという安部は25日に行われたPCR検査で陽性反応を検出。健康上に問題なく、体調不良でもないが、自宅隔離に入り、静養に努めているという。


昨夏に鹿島アントラーズからバルセロナB入りの安部は今年2月に右大腿二頭筋の腱断裂で手術。復帰に向け、リハビリを続けている状況だった。

なお、安部は新型コロナウイルス感染により、31日にジョアン・ガンペール練習場で始まるバルセロナBのプレシーズントレーニングへの参加を見送るとのことだ。