エバートンは30日、イングランド代表DFマイケル・キーン(27)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。

マンチェスター・ユナイテッド下部組織出身のM・キーンは、2017年7月にバーンリーからエバートンに加入。これまで107試合に出場し4ゴール3アシストをマーク。昨シーズンも攻守両面で安定したパフォーマンスを披露し、公式戦34試合に出場し2ゴールを記録していた。

エバートンとの新契約にサインしたM・キーンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「エバートンでの3年間にはとても満足しているし、今後どうなるかを楽しみにしている。僕は毎日練習場で監督やコーチたちから学んでいるんだ。彼らは本当に素晴らしい人たちで、僕らのプレーを本当によく理解してくれている。アンチェロッティ監督は史上最高の監督の一人だ」