今日の欧州サッカー界で最もホットな話題といえるのが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の去就騒動だ。2001年に13歳でバルセロナのカンテラに加入して以降、約20年に渡ってバルセロナ一筋でプレーを続けてきたメッシがトランスファーリクエストを提出したのだ。2日には代理人であり、父親でもあるホルヘ・メッシ氏がバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と会談を行ったが、去就は未だに不透明だ。

これまでチームのアイコンとして、そして数多くの功績を残したメッシ。今特集ではバルセロナでのメッシのキャリアを語る上で欠かせないシーンをピックアップ。各試合やゴールを思い返しつつ、そのキャリアを振り返る。


今回は2009年5月27日に行われた、マンチェスター・ユナイテッドとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝で決めたゴールだ。

ジョゼップ・グアルディオラ監督の初シーズンとなったこの年、これまで右サイドが主戦場だったメッシは中央でプレーする機会を増やし、ゴールを量産する。バルセロナは3年ぶりにリーグを制覇すると、国王杯でも優勝を果たし、CLの舞台でも決勝までたどり着いた。

ローマのスタディオ・オリンピコで行われたこの一戦は、立ち上がりこそユナイテッドが主導権を握るも、9分にアンドレス・イニエスタのパスを受けたサミュエル・エトーが鋭い切り返しからゴールを奪い、早い時間帯にバルセロナが先制に成功する。

後半に入りユナイテッドがなりふり構わず攻めに行くもののゴールは奪えず、70分には右サイドでボールを持ったチャビ・エルナンデスのクロスにボックス中央でフリーとなっていたメッシが頭で合わせ、勝利を大きく近づける2点目を奪った。

試合はそのまま2-0でタイムアップ。バルセロナがスペイン史上初となる3冠を達成する偉業を成し遂げ、メッシも9得点で大会得点王を獲得した。

これまでに600以上のゴールを決めてきたメッシだが、このユナイテッド戦で決めたヘディングゴールが自身にとってのベストゴールだと語っている。