バルセロナを退団し、古巣セビージャに6年ぶりに復帰することが発表されたクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ。

2014年夏に1800万ユーロ(約22億7700万円)でバルセロナへと加入すると、バルセロナで310試合に出場し35ゴール42アシストを記録。在籍した外国人選手の中では4番目に多い出場数となった。

在籍6年間でラ・リーガ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ(CL)1回など、合計13個のタイトルを獲得したラキティッチのバルセロナでのベストゴールを5つ紹介する。


5位:2014-15シーズン CLラウンド16 2ndレグ マンチェスター・シティ戦

1stレグを2-1と先勝していたバルセロナは、0-0で迎えた31分にカウンターからチャンスを作る。右サイドのFWリオネル・メッシがためを作ると、左サイドをラキティッチが駆け上がる。メッシの完璧なクロスを胸で落とすと、飛び出してきたシティGKジョー・ハートの頭上を越えるループシュートでネットを揺らした。

4位: 2014-15シーズン CL決勝 ユベントス戦

試合開始早々の4分、バルセロナが左サイドを崩すと、ボックス内に侵入したMFアンドレス・イニエスタにボールが渡る。DFを引き付けたイニエスタがアウトで中央に折り返すと、ラキティッチが左足ダイレクトでゴールに流し込み、値千金の先取点となった。

3位:2015-16シーズン CLグループステージ BATEボリソフ戦

ベンチスタートだったラキティッチだが、MFセルジ・ロベルトの負傷に伴い18分に途中出場を果たす。ゴールレスで前半を折り返して迎えた48分、FWネイマールが左サイドから内に切れ込み、ボックス外でフリーとなっていたラキティッチへとパス。ラキティッチはワントラップしてから丁寧にミドルシュートを放つと、美しいシュートがゴール左上へと突き刺さった。

2位: 2015-16シーズン ラ・リーガ第24節 セルタ戦

4-1とバルセロナ大量リードで迎えた85分、下がって受けたFWルイス・スアレスが相手DFを引き付けると、ラキティッチがゴール前のスペースへ走り込む。スアレスからの絶妙なロブパスを上手く右足で合わせ、優しくゴールネットを揺らした。

1位:2018-19シーズン CLグループステージ トッテナム戦

1点リードで迎えた28分、バルセロナはスアレスの落としからMFフィリペ・コウチーニョがシュートを放つ。これは相手GKに防がれるも、こぼれ球を何とか拾ったコウチーニョが中央へ浮き球のパスを出す。すると、ボックス外から走り込んだラキティッチが上手くバウンドを合わせてジャンピングボレー。ゴール左のポストに直撃しながらネットを揺らした。



ラ・リーガ再開!WOWOWで生中継!
ラ・リーガがいよいよ開幕!ビジャレアル(久保建英所属)対ウエスカ(岡崎慎司所属)戦や乾貴士のエイバル戦などWOWOWで生中継!
>詳しくはこちら