【明治安田生命J1リーグ第14節】
2020年9月5日(土)
18:45キックオフ
サガン鳥栖(17位/7pt) vs 横浜FC(13位/14pt)
[駅前不動産スタジアム]

◆1カ月ぶりに復活。どこまで取り戻せたか【サガン鳥栖】

新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスター発生により、公式戦4試合が中止。さらにチームの活動も全面停止に追い込まれた鳥栖がついにピッチに戻ってくる。

8月26日からチームのトレーニングが再開したものの、そこからわずか10日。コンディション面がどこまで戻っているのかが最も重要なポイントとなるだろう。

金明輝監督をはじめ、選手にも感染者が出ていただけに、ピッチに立てるメンバーが誰なのかは不明。総力戦となることは間違いなく、新たなスタートを切る鳥栖がどのような戦い方を見せるのか注目だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:高丘陽平
DF:森下龍矢、エドゥアルド、宮大樹、内田裕斗
MF: 原川力、本田風智、松岡大起、小屋松知哉
FW:石井快征、趙東建
監督:金明輝

◆課題は明確、フィニッシュの精度をどこまで上げられるか【横浜FC】

前節はセレッソ大阪と対戦し1-2で敗戦。4連勝を達成することはできなかった。

しかし、ポゼッションを重視する両チームの戦いにおいて、横浜FCがボールを握る時間帯も長く、仕込んできたサッカーはJ1でも十分に通用すると言っていいだろう。

2位のC大阪を押し込む時間帯もあったが、勝敗の差を分けたのはストライカーの差。ゴールをいかにして奪うかという点では、まだまだ力不足であることを露呈してしまった。

勝負所の力強さは、やはりJ1を長く離れていた差がある。いかにしてその勝負強さを身につけるか。連勝がストップしたことで仕切り直しとなるが、自信を持って戦い、効率よくゴールを奪うことを目指したい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:六反勇治
DF:志知孝明、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎
MF:松浦拓弥、佐藤謙介、手塚康平、松尾佑介
FW:皆川佑介、一美和成
監督:下平隆宏