バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが、代表最年少ゴールを喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

ファティは6日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4第2節のウクライナ代表戦にスタメン出場。2分にDFセルヒオ・ラモスのゴールに繋がるPKを獲得すると、32分にバイタルエリア左から右足のコントロールショットを決めてみせ、4-0の快勝に貢献した。

先日のドイツ代表戦スペイン代表デビューを果たしていたファティは、17歳311日で史上最年少ゴールを記録。試合後のインタビューで新記録樹立を喜び、継続したいと語っている。

「とりあえず、勝利に満足しているよ。90分間通して良い試合ができたので、これを継続していかなければいけない」

「ルイス(・エンリケ)と、ここにいる選手たちとともにプレーすることは誇りだ。初日から両手を広げて、世界でも通用すると信頼して、僕を歓迎してくれた。これからもいつも通り謙虚にプレーすれば、全てがうまくいくと思うよ」

ラ・リーガ再開!WOWOWで生中継!
ラ・リーガがいよいよ開幕!ビジャレアル(久保建英所属)対ウエスカ(岡崎慎司所属)戦や乾貴士のエイバル戦などWOWOWで生中継!
>詳しくはこちら