サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスがバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。


バルセロナのカンテラで育ったセスクは、若くしてアーセナルへ移籍。2003年から2011年までの8年間をアーセナルで過ごし、キャプテンを任されるほどの中心的存在へと成長したものの、2011年8月に古巣・バルセロナへと復帰していた。

バルセロナ復帰初年度は“偽9番”としてCFでの起用も多かったセスクだが、2013年4月6日に行われたラ・リーガ第30節のマジョルカ戦でも、エースFWリオネル・メッシの負傷に伴いCFとして起用され、その期待に見事応えている。

まずは20分、FWアレクシス・サンチェスとの見事なワンツーで抜け出すと、冷静にゴール右に流し込み、幸先よく先制点を奪う。

そして37分には再びサンチェスとの絶妙なワンツーから追加点を奪取する。

さらに46分にはMFアンドレス・イニエスタの斜めのスルーパスに反応し、絶妙な切り返しから自身3点目を記録した。

この試合は、肝移植手術を受けていた元フランス代表エリック・アビダルが406日ぶりにピッチへと戻ってきた日でもあり、バルセロナにとっては素晴らしい試合となった。

ラ・リーガ再開!WOWOWで生中継!
ラ・リーガがいよいよ開幕!ビジャレアル(久保建英所属)対ウエスカ(岡崎慎司所属)戦や乾貴士のエイバル戦などWOWOWで生中継!
>詳しくはこちら