アーセナルに所属するアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)がアストン・ビラ移籍に近づいているようだ。

マルティネスは長らくレンタル生活が続くなか、昨季にレディングから復帰を果たすと、ドイツ代表GKベルント・レノの負傷離脱による出場機会の増加で公式戦23試合に出場。FAカップ制覇に貢献したほか、今季もリバプールとのコミュニティ・シールドでPK戦の末に優勝に導いた。

しかし、今夏の去就を巡ってはレノの戦列復帰に伴い、再び控えに回ることが予想され、移籍の憶測が…。イギリス『インデペンデント』によると、マルティネスはビジャレアルからの関心もあったが、すでに週給6万ポンド(約800万円)の4年契約でアストン・ビラと個人合意に達したという。

イングランド残留が第一希望だというマルティネス自身はミケル・アルテタ監督との話し合いで正守護神の確約を得られず、12日に行われるプレミアリーグ開幕戦のフルアム戦もレノの先発が見込まれている模様だ。

そんなマルティネスは最近、アーセナルから大幅に条件が改善されたオファーを受けたが、出場機会を優先事項に掲げ、それを拒否。アーセナルはアストン・ビラから1500万ポンド(27億1000万円)以上のオファーがあれば、放出の用意をしているとみられる。