日本サッカー協会(JFA)は13日、内田篤人氏の新設される「ロールモデルコーチ」就任を発表した。

内田氏は今後、アンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、JFA が取り組む若年層の強化および普及に関わる活動に参加して、世界の舞台で培った経験や知見から後進の育成に尽力。初仕事は14日から始まるU-19日本代表候補のトレーニングキャンプになるという。

技術委員長を務める反町康治氏は内田氏のJFA入りに際して、次のようにコメントしている。

「今回、内田篤人氏をロールモデルコーチとして迎え入れることができ、大変嬉しく思います。内田氏は代表レベルではワールドカップ2回、オリンピック、U-20ワールドカップと様々世界大会に出場し、またクラブレベルでも鹿島アントラーズのリーグ3連覇やシャルケのUEFAチャンピオンズリーグベスト4進出に貢献するなど、国内外で数多の経験を有しています。この経験と知識は日本サッカー界にとって大きな財産であり、これから世界を目指す選手たちのロールモデルとして多くのものをもたらしてくれることを願っています」

また、今年8月に鹿島アントラーズで現役を退き、今後の動向に注目が集まった内田氏は「頑張ります!」と短く意気込みを語っている。