インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上している。イタリア『Sport Mediaset』が報じている。

ラウタロに関しては長らくバルセロナ移籍の可能性が取り沙汰された。だが、1億1100万ユーロ(約139億6000万円)に設定されていた契約解除条項が失効後も、インテルが1億ユーロ(約125億8000万円)近い移籍金を要求していたこともあり、クラブ間の交渉が難航。

さらに、バルセロナのロナルド・クーマン新監督の招へい、ラウタロの移籍のモチベーションとなっていたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団希望を公言した事実もあり、ここに来て移籍の可能性が低くなっている。

そういった中、急きょ浮上したのが、バルセロナの宿敵であるマドリーへの移籍の可能性だ。

『Sport Mediaset』によると、マドリーは1億ユーロ近い金額のオファーを準備しており、インテルはモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)の獲得に支払ったとされる4000万ユーロ(約50億3000万円)の回収に加え、5000万〜6000万ユーロ(約62億9000万〜75億5000万円)とされるチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(29)の獲得資金を手にできるという。

その一方で、同メディアは移籍金+セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)の買い取り義務付きのレンタルという可能性も伝えている。

また、ラウタロとマドリーに関しては年俸800万ユーロ(約10億円)の条件で個人間合意に近づいているようだ。

さらに、このビッグディールが成立した場合、インテルはアントニオ・コンテ監督が獲得を望むローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)の獲得でラウタロの穴を埋め、クロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(31)を残留させる形でアタッキングユニットを構成するプランも持っているようだ。

『Sport Mediaset』が主張する一連の流れは、やや出来過ぎな感も否めないが、コロナ禍でいかなる可能性も排除できないメルカートにおいて実現の可能性はあるかもしれない。