2019-20シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、現在も無所属状態が続いているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)だが、バルセロナ入りを考えているようだ。フランス『Foot Mercato』が伝えた。

カバーニは、母国のダヌビオFCから2007年1月にパレルモへ移籍。その後、ナポリ、PSGとヨーロッパでプレーを続けた。

セリエAでは213試合で112ゴール16アシスト、リーグ・アンでは200試合で138ゴール30アシストを記録。チャンピオンズリーグでも62試合で35ゴール6アシストを記録し、屈指の点取り屋として活躍。しかし、未だに所属先が決まっていない。

カバーニには、ユベントスやアトレティコ・マドリー、リーズ・ユナイテッド、ローマ、アトレチコ・ミネイロ、ボカ・ジュニアーズ、インテル・マイアミなど多くのクラブが興味を持っていると報道。特に、一時はベンフィカ入りが決定したとも報じられたが、条件面で折り合いがつかずに破談となっていた。

トップレベルでまだまだ高い能力を発揮できるカバーニ。スペイン『スポルト』によれば、バルセロナに売り込みをかけたとのことだ。

報道によれば、カバーニはバルセロナとコンタクトを取っているとのこと。しかし、まだ前向きな回答は得られていない状況で、入団が決まったわけではない。

バルセロナは、2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンの前に8失点と惨敗。この責任を取り、キケ・セティエン監督が退任し、ロナルド・クーマン監督が就任していた。

クーマン監督はチームの改革に乗り出しており、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスやチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを構想外にしたとされている。また、現在は終息したものの、エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団を希望するなど、チーム内が騒がしい状況となっていた。

スアレスはユベントスへの移籍が近づいているとされているが、退団となればバルセロナにとっては大きな痛手。そうなれば、スアレスの同胞であり、実績も十分なカバーニを迎え入れる可能性は大いにあるとみられている。

まだまだ市場が閉まるまでは時間がある状況だが、バルセロナはどのような決断を下すのか。そして、カバーニはどこでプレーするのだろうか。