MF伊東純也の所属するヘンクは15日、ハネス・ヴォルフ監督(39)の解任を発表した。

ヘンクは前日、FW鈴木武蔵の所属する昇格組のベールスホットに2-5の大敗を喫し、新シーズンのジュピラー・プロ・リーグ開幕以降1勝2分け2敗と躓いていた。

昨年11月にヘンクの監督に就任したドイツ出身のヴォルフ監督は、これまでシュツットガルトやハンブルガーSVなどで監督を歴任。シュツットガルト時代にはFW浅野拓磨を、HSV時代にはDF酒井高徳とFW伊藤達哉を指導した経歴を持ち、日本人選手と縁のある監督だった。