フランクフルトは16日、日本代表MF鎌田大地(24)との契約延長を発表した。2年間契約を延長し、新たな契約期間は2023年6月30日までとなる。

2018-19シーズンにシント=トロイデンでの武者修行で結果を残した鎌田は、2019-20シーズンはフランクフルトに復帰。開幕から出場機会を得ると、攻撃陣の一角として機能。特に中断期間明けは出色の出来をみせ、ブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグでも10試合で6ゴール2アシストを記録した。

チームを率いるアディ・ヒュッター監督も鎌田への信頼を見せる一方で、鎌田とフランクフルトの契約は2021年6月までとなっていたが交渉が難航。しかし、晴れて契約延長にサインした。


「ヨーロッパ、特にフランクフルトでとても居心地が良いです。昨シーズンは自分の強みをチームにうまく伝えることができたので、次のステップに進みたいと思います」

「クラブは僕を助けるために方針を貫き通し、僕を守ってくれたように感じました。もちろん、それを良い結果で返し、さらに成長していきたいと思います」