ジェノアは16日、ラツィオに所属するクロアチア代表MFミラン・バデリ(31)を完全移籍で、アタランタに所属するU-21イタリア代表MFフィリッポ・メレゴーニ(21)をレンタル移籍で獲得した。

クロアチア代表として50試合の出場歴を持つセントラルMFのバデリは、2014年から4年間、フィオレンティーナに在籍。2018年の夏にラツィオに完全移籍したものの、元ブラジル代表MFルーカス・レイバの前に控えに回り、セリエAでの先発は14試合に留まると、昨夏にフィオレンティーナにレンタルで復帰。

フィオレンティーナでは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のもとシーズン前半はセリエA16試合に出場。しかし、昨年12月に同監督が解任されると、後任のジュゼッペ・イアキーニ監督からは信頼を得られず、シーズン後半はセリエA7試合の出場に留まっていた。

一方、名門アタランタユース育ちのメレゴーニは、2017年1月のセリエA第21節サンプドリア戦でトップチームデビュー。その後、2018年の夏にセリエBのペスカーラへレンタルで加入すると、リーグ戦13試合で1ゴール1アシストを記録したが、2019年3月にじん帯断裂の重傷で長期離脱。

しかし、ペスカーラは昨夏にメレゴーニのレンタル延長を希望し、2019-20シーズンの残留が決定。昨季はリハビリでシーズン前半を棒に振ったが、昨年12月14日のフロジノーネ戦で復帰すると、セリエBで12試合、セリエA昇格プレーオフ1試合に出場した。