パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールにある疑惑が浮上している。

ネイマールといえば、13日に行われたリーグ・アン第3節のマルセイユ戦で相手DFアルバロ・ゴンサレスから人種差別発言をされたとして、頭部を殴り退場になったことが物議を醸している。

当試合は両選手を含めて合計5名が退場する乱闘騒ぎに発展しており、フランス・プロリーグ機構は試合後に該当選手への処分を下している。暴力行為に及んだネイマールには2試合の出場停止処分が科されたが、現在さらなる疑惑が浮上している。

スペイン『COPE』によると、同選手は試合中にマルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して「中国人のクソ野郎」と言い放っていた模様。酒井はアルバロ・ゴンサレスとネイマールの衝突を止めに入った選手の一人で、その際に何らかの暴言を受けていたのかもしれない。

また、同メディアはその証拠となる画像が複数あるとして、根拠のある主張であることを伝えている。

これが事実であれば、ネイマールに追加処分が下されることは必至だが…。