ウニオン・ベルリンの日本代表MF遠藤渓太がトレーニングに復帰したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

7月に横浜F・マリノスから期限付き移籍でウニオン・ベルリンに加入した遠藤。8月12日に行われたヴュルツブルガー・キッカーズとのテストマッチに左ウイングで出場し実戦デビューも果たした。

その後も新天地での生活が続く中、同30日に行われたアヤックスとの親善試合でハムストリングを負傷。この影響で、今月19日のブンデスリーガ開幕節のアウグスブルク戦は欠場していた。

だが、22日のトレーニングでケガから復帰。26日に予定されている第2節のボルシアMG戦に向けて準備を進めている。

当トレーニングではまた、リバプールからレンタルで獲得したU-23ナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイー(23)が移籍後初めて練習に参加。20日に加入が発表されたばかりで、遠藤同様にボルシアMG戦がデビューとなる可能性が高い。