サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、元ドイツ代表FWのユルゲン・クリンスマン氏がトッテナム時代に決めたフリーキックだ。


1978年にキャリアをスタートさせたクリンスマン氏はシュツットガルトでブレイク。その後、インテルやモナコで活躍した後、1994年にトッテナムに加入し、プレミアリーグに上陸。1年半の在籍で、公式戦58試合31ゴールという数字を残している。

スピードがあり、金髪をなびかせる姿から“黄金の隼”と呼ばれたクリンスマン氏だが、1995年4月14日に行われたプレミアリーグ第37節のクリスタル・パレス戦では、見事な直接FKも決めている。

1点ビハインドで迎えた87分、トッテナムはゴール正面でFKのチャンスを獲得する。是が非でも同点に追いつきたい場面でキッカーは務めたのはエースのクリンスマンだった。

味方がボールの前に立ち、GKの視界をさえぎると、クリンスマンが助走を開始。同時に味方がコースを空けると、クリンスマンが丁寧に右足を振り抜いた。シュートは壁を越え、美しい弧を描きながらゴール右上隅へと吸い込まれていった。

プレミアでも実力を示したクリンスマン氏だったが、シーズン終了後に母国バイエルンへと移籍。トッテナムには1997-98シーズン途中に再加入している。