かつてバルセロナからアトレティコ・マドリーへ移籍した経験がある元スペイン代表FWダビド・ビジャが、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスへアドバイスを送った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。

今年2月、ヴィッセル神戸で現役生活に幕を下ろしたビジャ。Jリーグでも28試合で13ゴール2アシストとストライカーとしての能力を存分に発揮したが、2013年7月にはバルセロナからアトレティコへと移籍した過去がある。

アトレティコではわずか1シーズンの在籍に終わったが、公式戦47試合に出場し15ゴール5アシストを記録。ラ・リーガでは優勝を成し遂げると、チャンピオンズリーグでは決勝に進出。レアル・マドリーとの決勝で敗れたものの、1年と短い中でファンの心を掴んだ。

そのビジャと同じ道をたどることとなったスアレス。ビジャは、自身の経験からディエゴ・シメオネ監督についてスアレスに助言した。

「チョロ(シメオネ監督)はタフさを求める監督だ。彼は選手に働きかけ、最高のパフォーマンスを引き出すことを望む監督だ。同時に、彼はとてもよく喋り、多くのことを伝え、選手ととてもフレンドリーに話をする。私はチョロとは素晴らしい時間を過ごした」

「選手としても、人としても多くのことを学ぶことができた。それは強烈なものであり、彼が選手だったことを踏まえて、監督して色々伝えて来る」