パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がスタッド・ランス戦に向けたコメントを残している。クラブ公式サイトが伝えた。

リーグ・アンでまさかの開幕連敗スタートとなった王者PSG。マルセイユ戦ではFWネイマールやMFアンヘル・ディ・マリアが退場処分となり、その影響による出場停止や負傷者の続出などで厳しい台所事情のなか、直近では延期分の第1節メス戦と第4節ニース戦を勝ち切って白星を並べている。

27日に行われる第5節のランス戦では、ネイマールとMFレアンドロ・パレデスが出場停止から復帰する他、DFアブドゥ・ディアロもケガから戻ってくる予定。それでもトゥヘル監督は、堅牢な守備を築く相手にチャンスを作ることは難しくなると予想している。

「彼らのプレースタイルに合わせて戦うのは難しい。ゲームをコントロールして、ボールを握り、スペースを潰して相手にカウンターをさせないようにするのは我々次第だ」

「昨シーズンは守備組織がしっかりしていて、素晴らしいシーズンを過ごしていた。彼らに対してチャンスを作るのは難しい。我々の課題は動じることなく攻撃的なサッカーができるよう解決策とやり方を見つけることだ」

「今週のトレーニングでポジティブな反応が確認できた。久しぶりに揃って練習できたよ。笑顔がありつつ真剣にね。[4-4-2]にするかは明日決めるよ」

また、ネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペの久しぶりの共存に胸を躍らせている。

「彼らなしで解決策を見つけることは出来たが、彼らの復帰は明らかに良いニュースだ。彼らは変化をもたらすためにここにいる。再び一緒にピッチに立つのを嬉しく思う」