【明治安田生命J1リーグ第25節】
2020年9月30日(水)
19:00キックオフ
横浜F・マリノス(5位/33pt) vs サガン鳥栖(14位/17pt)
[ニッパツ三ツ沢球技場]

◆復調の波にこのまま乗り続けられるか【横浜F・マリノス】

前節はアウェイで柏レイソルと対戦。前半から劣勢が続いたものの、77分にエリキのゴールで追いつくとそこから猛攻。最終的には1-3で見事な逆転勝利を収めた。

この試合では戸嶋祥郎が腓骨骨折の重傷を負うなど後味の悪いものとなってしまったが、逆転までの流れで横浜FMが見せた戦い方は見事だった。

特に途中出場で流れを変えた仲川輝人が圧巻の活躍。サイドを起点に柏ディフェンスを翻弄すると、オウンゴールを含めて3得点に絡む活躍を見せた。

昨季MVPの仲川はケガの影響もあり、ここまで15試合の出場にとどまり、わずか2得点と鳴りを潜めている。それでも徐々にチャンスメイクという点でチームに貢献。チームの浮上とともに調子を上げ、結果を残してもらいたいものだ。

今節からはホーム3連戦。このまま連勝を伸ばし、しっかりと上位争いに残っていきたいところだ。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:梶川裕嗣
DF:チアゴ・マルチンス、喜田拓也、伊藤槙人
MF:水沼宏太、渡辺皓太、扇原貴宏、高野遼
MF:エリキ、マルコス・ジュニオール
FW:ジュニオール・サントス
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆前節は完勝、自信を胸に王者に挑む【サガン鳥栖】

前節はホームに上位のFC東京を迎えた一戦で、3-0と完勝を収めた。

3連敗中と結果が出ていなかった鳥栖が上位のFC東京相手にこれまでの試合をするとは予想できなかったが、しっかりとチーム戦術をピッチ上で体現したことが勝因と言えるだろう。

特に攻守の切り替え、そして精度の高さが目立ったと言える。先制点となった石井快征のシュートは圧巻。GK林彰洋もセーブ不能なコースに正確なシュートを決めた。

鳥栖のパフォーマンスに圧倒されてか、FC東京のミスを誘発。相手が精度を欠いたことでより当sの精度の高いプレーが際立った。

数少ないチャンスをものにして3得点を奪ったことは、チームに大きな自信を植え付けたはず。ポゼッションサッカーも形になっており、後方からのビルドアップにも自信が持てるだろう。似たようなスタイルの横浜FM相手にどのようなサッカーを見せるだろうか。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:守田達弥
DF:森下龍矢、高橋秀人、パク・ジョンス、大畑歩夢
MF:本田風智、松岡大起、原川力、安庸佑
FW:金森健志、趙東建
監督:金明輝