【明治安田生命J1リーグ第29節】
2020年9月30日(水)
19:30キックオフ
浦和レッズ(9位/30pt) vs FC東京(3位/38pt)
[埼玉スタジアム2002]

◆相性の良さを結果に繋げられるか【浦和レッズ】

前節はホームに横浜FCを迎えたものの、0-2で完敗。結果も内容も横浜FCに上回られた。

ポゼッションサッカーを展開する横浜FCだったが、浦和が逆にボールを持たされる展開に。今シーズン続く攻めあぐねる悪癖が出てしまいゴールを奪えないでいると、そのまま失点し敗れてしまった。

今シーズンは攻撃面が不安定で、チャンスを作っていてもゴールを決め切れない試合が多い。試合を通して何もできないということはないが、局面での勝負強さを欠いている印象だ。

さらに、今節は累積警告でMF関根貴大が不在。再度アタッカーを変えて臨むこととなるが、上位相手にどこまで粘り強く戦えるか見ものだ。

なお、FC東京相手には2003年以来、埼玉スタジアム2002では負けなし。相性の良さを結果に繋げられるだろうか。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔
MF:長澤和輝、柴戸海、エヴェルトン、汰木康也
FW:興梠慎三、レオナルド
監督:大槻毅
出場停止:関根貴大

◆攻撃の一角を欠く中でどう足掻くか【FC東京】

前節はアウェイでサガン鳥栖と対戦し、3-0で完敗。上位を争うセレッソ大阪に快勝して連勝を伸ばしたかった中での痛い敗戦となった。

DF森重真人が出場停止だったこともあり、最終ラインのメンバー変更も左右したが、特に攻撃陣の精度の低さが目立ち、効率よく得点を奪った鳥栖にペースを握られてしまった。

今節はここまでチーム最多タイの8得点を記録しているFWディエゴ・オリヴェイラが出場停止。攻撃の核を欠くことになるが、前節の敗戦を払拭できるかが見ものだ。

浦和相手には2003年以来埼玉スタジアム2002では勝利していない。苦しい状況で相性の悪い浦和だが、ここで勝つことで一気に盛り上がっていきたいところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:林彰洋
DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也
MF:アルトゥール・シルバ、品田愛斗、安部柊斗
FW:田川亨介、永井謙佑、レアンドロ
監督:長谷川健太
出場停止:ディエゴ・オリヴェイラ