フランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日に懲戒委員会を実施。人種差別問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに関して処分なしと発表した。

問題となっていたのは、9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”での出来事。この試合では試合序盤からイエローカードが連発すると、終了間際に乱闘事件に発展。両チーム合わせて5名が退場していた。

その中で特に問題視されたのが人種差別発言があったというもの。ネイマールが試合後にアルバロ・ゴンサレスから人種差別的な言葉をかけられたとアピールしたことから大きな問題に発展していた。

さらに、そのネイマールが日本代表DF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と人種差別発言をしていたとメディアが主張。その瞬間の動画が公開されるなどし、重い処分が下るものと予想されていた。

しかし、LFPの懲戒委員会は、両選手に浮上した人種差別問題について、「事件調査し、選手、クラブの代表者の意見を聞いた結果、アルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言を立証するのに十分説得力のある証拠がない」とし、ネイマールが主張したアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言がないとした。

また、ネイマールからアルバロ・ゴンサレスに向かっての人種差別発言も十分な証拠がなかったと発表。ネイマールにも処分が下らなかった。この問題は酒井に対しての発言が問題視されているが、そのことには触れられていない。

この試合では、すでにPSGのDFレイヴァン・クルザワが6試合、FWネイマールとMFレアンドロ・パレデスに2試合の出場停止と追加で1試合、マルセイユのDFジョルダン・アマヴィに3試合、MFダリオ・ベネデットが1試合の出場停止が課され、追加で唾吐き行為が発覚したPSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが4試合の出場停止処分となっていた。